Sublime Text 2 に「Browser Reflesh」を導入してみました。

先日、Sublime Text 2 のパッケージで、「Browser Reflesh」というのを見つけたので導入してみました。

「Browser Reflesh」という名称通り、ファイルが保存されるたびにブラウザを自動更新してくれます。

使い方

Package Control から、「Browser Reflesh」をインストールします。

インストールが済んだら、[Preferences] > [Package Settings] > [Browser Reflesh] > [Key Bindings – User]の json ファイルに以下のコードを記述します。

他のパッケージでも Key Bindings を設定している場合は、json ファイルにコードを追記することになります。

[
    {
            "keys": ["ctrl+shift+r"], "command": "browser_refresh", "args": {
                "auto_save": true,
                "delay": 0.5,
                "activate_browser": true,
                "browser_name" : "Google Chrome"
        }
    }
]

上記のコードは、任意のファイルを Chrome ブラウザでプレビューしておき、ファイルを編集し ctrl+shift+r でファイルを保存したら、0.5秒後に Chrome ブラウザを自動更新してくれる設定です。

LiveReload でも同様のことができますが、ローカルにサーバーを立てて、ブラウザに拡張機能を入れる必要がないのでなかなか便利です。

Web Socket に対応しているブラウザが必要なようです。