Windows の Ruby のバージョンマネージャー pik のインストール

Ruby を複数バージョンインストールして切り替えて使う場合のために、Windows の Ruby のバージョンマネージャー pik のインストール方法をメモしておく。

pik は Windows 上の Ruby の複数のバージョンを管理するためのツールです。コマンドプロンプト、PowerShell、Git Bash で使用できます。

バージョン管理ツールを使うことで、最新のバージョンをインストールしたら上手く動かなくなって、前のバージョンに戻したいといった場合に対処することができます。

pik

すでに何らかのバージョンの Ruby がインストールしてあることが前提。

pik をインストールする。

gem install pik
pik_install "C:\pik"

pik にパスを通す。

コマンドラインから Ruby 2.0.0 をインストール

pik install ruby 2.0.0

インストールした Ruby のバージョンを確認する

pik ls
pik ls -v

使用中のバージョンに *(アスタリスク)が付く。

Ruby のバージョンを切り替える

Ruby 2.0.0 に切り替え

pik 200

すでにインストールしていた Ruby に切り替え

pik default

Mac には RVMrbenv があるみたいです。