Sublime Text 2 に LiveReload を導入する【Windows】

Sublime Text 2(以下、ST2)に、ファイル保存のたびにブラウザを自動リロードしてくれる LiveReload の導入方法を記しておきます。

ST2 に LiveReload を導入すれば、ファイルを編集保存するたびに、ブラウザのリロードを自動で行ってくれます。もう、ブラウザの更新ボタンやF5キーを押す(連打する)必要がなくなります:D 続きを読む Sublime Text 2 に LiveReload を導入する【Windows】

Sublime Text 2 の環境設定を Dropbox に移して共有する方法 【Windows】

Sublime Text 2 の環境設定を、会社のパソコンと自宅のパソコンで同じにしたかったので、Dropbox に移して共有する方法を備忘録ながら記しておきます。OS は Windows 7 です。 続きを読む Sublime Text 2 の環境設定を Dropbox に移して共有する方法 【Windows】

Windows 8 に node.js をインストールする

node.js のインストール方法を記しておきます。
(2012年10月31日時点のバージョンは0.8.14です。バージョンによって差異があることはご理解ください)

node.js の公式サイトにアクセスして、インストーラーをダウンロードします。

インストーラーを実行します。英語ですがウィザード形式なので簡単に進めることができます。「Next」ボタンを押します。
Node.js Setup の画面キャプチャー

ライセンスに同意するかどうかきいてくるので、ここは同意せざるを得ないので「I accept the terms in the License Agreement」にチェックを入れ同意します。「Next」ボタンを押します。
Node.js Setup の画面キャプチャー

インストールが始まります。
Node.js Setup の画面キャプチャー

「Finish」ボタンを押してインストール完了です。
Node.js Setup の画面キャプチャー

コマンドプロンプトを起動してインストールされたか確認してみます。

node.js のバージョン確認コマンド

node -v

と入力して Enter でバージョンが確認できます。

また

node

と打って node.js を実行して、「1+8」とか打って、計算もすることも可能です。

node.js を終了する場合は、ctrl + C を2回押します。

ちなみに、node.js をインストールすると、npm(node package manager) というパッケージ管理も同時にインストールされます。(npm は ruby でいう gem に相当するものです)

npm のバージョン確認コマンドは

npm -v

です。

インストール方法は以上です。

node.jsとは?

近年話題の node.js は JavaScript をサーバーサイドのプログラムとして実行できるものです。JavaScript が記述できる人であれば簡単にサーバーサイドのプログラムを作れます。